事業者 鶴岡ファーマーズ(福原農園)
都道府県 山形県
担当者 福原 太一
997-0836
住所 山形県鶴岡市寺田乙153
TEL 0235-23-3617
FAX 0235-23-5215
ホームページ 制作中
メールアドレス 2017farmers@gmail.com

商品特性と基本情報

販売品種名 はえぬき コシヒカリ もえみのり
収穫時期 9月中旬頃
低温倉庫 あり
籾保管 なし
色彩選別機 あり
精米設備 あり
食味計 あり
30年産の等級比率 1等米
出荷単位 30kg~フレコン
最小ロット 5俵
配送方法 西濃運輸・第一貨物等
販売エリアの制限 あり 都内(それ以外は配送の都合上応相談)
発注方法 メール・FAX
支払い方法 納品から10日以内
認証・認定機関の許認可 特別栽培米5割

商品メッセージ・写真

特栽はえぬき(鶴岡プレミアム米)

山形県鶴岡市は日本一おいしい枝豆「だだちゃ豆」の産地で、この枝豆の枝葉を利用した堆肥を利用し、また、日本海で水揚げされたミネラル豊富な「岩ガキのカキ殻」を土づくりに利用した、山形県鶴岡でしか作れない「プレミアム米」をつくりあげました。

土づくりにおいては全圃場に鶏糞堆肥を施用して地力をアップさせています。

農薬の使用状況は、特別栽培米だけでなく、慣行栽培米においても、全ての圃場で当地比5割減を実施しています。

種もみの催芽は、150年前から地元温泉地のお湯を利用した芽出しを行っています。

栽培(加工)工程・写真

主な栽培工程

1~3月  作付け計画、種もみの購入
3月  種もみの消毒
4月  播種、育苗、土壌診断、施肥設計、土づくり(前年の秋、又は当該年の春)
5月  耕起、代かき、田植え
6月  中干し
7月  追肥
8月  出穂
9-10月  稲刈り、乾燥、調整、出荷

※出荷するお米はすべて玄米の色彩選別機を通しています。

事業者(生産者)紹介

現在3軒の農家で構成される「鶴岡ファーマーズ」、米栽培面積の合計は約45ha。H29より本格的に直販を開始しました。。山形県鶴岡市で栽培されたこだわりの農産物をお客様に「私たちのこだわり」が届く販売ルートを探しています。
栽培品種は慣行栽培米、特別栽培米、酒蔵会社と提携した酒米なども栽培し、様々なニーズに対応できるような商品づくりを目指しています。
メンバーは日本炊飯協会「ごはんソムリエ」の認定を受けています。