事業者 みちのく水稲研究会
都道府県 岩手県
担当者 有馬 司
024-0083
住所 岩手県北上市柳原町4丁目4-18ウインザーモード205
TEL 090-4554-0023
FAX
ホームページ
メールアドレス n.buffaloes.number.14@gmail.com

商品特性と基本情報

販売品種名 ひとめぼれ・ミルキークィーン・銀河のしずく・金色の風・こしひかり
収穫時期 9月末から10月末
低温倉庫 有り
籾保管 無し
色彩選別機 有り
精米設備 無し
食味計 無し
30年産の等級比率 1等100%
出荷単位 1俵・1袋可能
最小ロット 1俵もしくは2袋
配送方法 佐川急便
販売エリアの制限 無し
発注方法 電話・FAX
支払い方法 末締め翌月末払い
認証・認定機関の許認可

商品メッセージ・写真

私たちの栽培管理では基本的には除草剤、殺菌剤などは使用しません。どうしても地域柄必要なところには使わざるをえないので使っていますが、使わなくていいところは使っていません。肥料は化学肥料を使わないように心掛けミネラル資材と有機質資材を中心に散布いたします。私どものグループは個々の栽培になり、全体の統一はしていません。理由は地域が広く土質や水質が違うのでその土地にあったやり方をしているからです。なので無化学肥料の所もあれば特別栽培米基準のところもあります。商談会では個々の生産者とお話いただけたらと思います。

栽培(加工)工程・写真

・種もみの購入 (農協・のうけんから購入)
・種もみの消毒 (温湯消毒・消毒済みの2パターン)
・播種 (4月前半から中頃)
・育苗 (3週間)
・田植え (4月末から5月末まで)
・土づくり(前年の秋、又は当該年の春) 収穫後、秋に稲わらをすき込む。堆肥散布。春に耕耘、
・土壌診断 (農機具メーカー経由で数年に1度診断)          
・代かき (田植え前に行います)
・水入れ
・除草 除草剤は初期剤のみ
・畦管理 毎日圃場に行き草刈り
・施肥設計、施肥のタイミング 田んぼの色をみて考えています。
・中干し 7月中旬~下旬
・水管理 徹底してます。(温度管理と水位を意識)
・圃場での虫 いっぱいいます。
・農薬の使用回数(成分) 岩手県は慣行で18成分、私達は0~7成分
・乾燥 自然乾燥はしていません。すべて自分たちで行います。
・籾摺り 手動調整ではなく、自動で行います。
・網目 2.0以上、1.95、1.9、1.85以下でわけます。
・保管 トレーラーによる保管で1年間温度10度いかに保ちます。
・収穫後の工程における虫 温度管理と保管場所が決まってるので虫はつきません。

事業者(生産者)紹介

私達は岩手県の7軒の農家で構成されておりまして、岩手県のお米の質の向上と農家がそれぞれが販路をもつために組織されました。年に7回から10回の勉強会を実施し品質向上につとめてきました。栽培する品種もそれぞれこだわり多品種を作付けすることで消費者の声に出来るだけお応えできるように考えています。